クレジットカードを申し込む方法は?

収入なし・貯金ゼロの学生でもクレジットカードは作れるの?アルバイトせず持つことができる3つの理由とは

収入がない

結論から言うと、アルバイトをしていない収入0・貯金なしの学生でも、問題なくクレジットカードを作ることができます!

通常、一般的なクレジットカードは、安定した収入がなければ審査に落とされてカードを作ることができません。

学生は会社員のように安定した収入がないので、

「審査に落とされるんじゃないの?」

と思うのが普通だと思います…

しかし、あなたが「学生」というだけでクレジットカードが作りやすくなるのです。

次のような学生でもカードを持つことができます。

  • アルバイトをしていない
  • 収入なし
  • 親の仕送りだけ
  • 貯金が全くない
それでは、なぜ収入がない学生でもクレジットカードが作れるのでしょうか。その理由をこれから分かりやすく説明していきます。

収入なし・貯金ゼロの学生でもクレジットカードが作れる3つの理由

どうして、収入がない・貯金金額がゼロの学生でもクレジットカードが作れるのでしょうか?

それは、

  1. 「学生」はクレジットカードの審査に通りやすい
  2. 限度額が低く設定されている
  3. 長く使い続けてくれる会員を増やしたい
という3つ理由があるからです。

1.「学生」はクレジットカードの審査に通りやすい

「学生」というだけで、クレジットカードの審査が甘くなる傾向にあります。そのため審査に通りやすくなり、カードが作りやすくなるのです。

通常のクレジットカード審査では、

  • 毎月安定した収入がある
  • 安定した収入のある職業
という2点に大きく注目して評価されます。

そのため、収入の安定しないアルバイトをしているフリーターや無職の方は審査の評価が低くなってしまいます。

学生の本業は勉強することなので、収入が安定しなくて当然です。なので、学生はフリーター・無職の方と同じような状況ですね。

しかし、学生は高く評価されています。その理由は、学校に行くだけの経済力があると判断されるからです。

学生本人の収入がなくても、ご両親が大学費や生活費を支払うだけの経済力があるとカード会社は判断します。

もし学生がカードの利用料金を支払えなくても、親に相談してお金を借りたり立て替えてもらったりして支払えると考えているようです。

そのため、学生はクレジットカードの審査に通りやすくなっています!

2.限度額が低く設定されている【10万~30万】

2つ目の理由は、カード会社が学生の利用限度額を低くしているからです。利用限度額とは、クレジットカードがいくらまで使えるのかという金額です。

例えば、利用限度額が10万円だとします。

もしそのクレジットカードで12万円の買い物をしようとすると、カードが使える限度額より2万円越えてしまうため、エラーが表示されて支払うことができません。

学生が作れるクレジットカードの利用限度額は、10万円~30万円としているところが多いです。

 

クレジットカードを使うと、カード会社は利用者にお金を貸したことになります。

なのでカード会社は、しっかりお金を返してくれる人にだけクレジットカードが作れるようにしているのです。

それではなぜ、収入が見込めない学生がカードを作れるのでしょうか?

それはクレジットカードの利用限度額を低くすることで、返金が難しくなるほどの大金にならないようしているからです。

10万円ほどであれば、アルバイトで十分稼ぐことはできますし、もしもの場合は親からお金を借りることで返すことができますよね。

このように、クレジットカードが使える限度額を低くすることによってリスクを小さくしているので、学生でも作れるのです。

3.長く使い続けてくれる会員を増やしたい

カード会社は、クレジットカードをどういう人に作ってもらいたいかと思いますか?

その答えは、クレジットカードを長く使い続けてくれる人です。

学生は、卒業してからも学生時代に作ったカードをそのまま使ってくれることが多いです。

そのため、学生はカード会社に求められている優良なお客さんなんですよ。

 

また、学生はまだクレジットカードを1枚も持っていない人が多いですよね。

なので、新しくクレジットカードを作ってもらえそうな学生には、ぜひ申し込んでもらいたいと思っています。

クレジットカード会社は、毎年かかる年会費や分割払い・リボ払いによる手数料などを中心に利益を得ています。

カード会社は利益を増やすために、クレジットカードを使ってくれる会員を増やそうと頑張っています。

このような理由で、審査を通りやすくしてぜひ学生にクレジットカードを作ってもらおうとしているのですよ。

学生が作れないクレジットカードもある

学生であれば、クレジットカードを作れるとお話してきました。しかし、すべてのクレジットカードが作れるというわけではありません。

本来、クレジットカードは安定した収入のある人が持つことができるのです。そのため学生が作れるのは「学生向けクレジットカード」になります。

学生向けと聞くと、

「制限があるの?」

と思ってしまうかもしれませんが安心してください。

社会人が使っている一般のクレジットカードと同じように使えます!(まったく同じ)

学生向けカードと一般カードの違いは、学生だけが使えるお得な特典が付いているということです。

唯一のデメリットと言えば、上記で説明した利用限度額が低く設定されていることくらいですね。

学生でも一般のクレジットカードに申し込むこともできますが、「学生」としてではなく「フリーター」「無職」として審査が行われるのでカードを作るのは難しくなります。

学生がクレジットカードを申し込むときは、学生を対象としたクレジットカードを選びましょう。

まとめ:アルバイトをしていない収入なしの学生でもクレジットカードは作れる!

カード会社は、クレジットカードを長く使い続けて欲しいという思いがあります。

審査に通りやすくしたり学生だけが使えるお得な特典をつけることで、どうにか学生にも作ってもらおうとしています。

というわけで、アルバイトをしていない収入ゼロの学生でもクレジットカードは作ることができるのです。

学生時代に作ったクレジットカードは、学校を卒業して社会人になっても、一般のクレジットカードへ更新されてそのまま使い続けることが可能です。

社会人になると「学生」という身分が使えなくなるため、安定した収入がなければカードを作ることが難しくなってしまいます。

学生である今のうちに、まずは1枚クレジットカード作っておくことをオススメします。

当サイトでは、収入や貯金がない学生でも作れるクレジットカードを紹介しています。

こちらも参考にしてみてくださいね。

以上、収入なし・貯金ゼロの学生でもクレジットカードは作れるの?アルバイトせず持つことができる3つの理由とは…というお話でした。