クレジットカードを申し込む方法は?

学生のうちにクレジットカードを持つ必要性とは?メリット・デメリット・注意点をやさしく解説

学生がクレジットカードを持つ必要性は?

基本的にクレジットカードは、安定した収入のある社会人が持つことができるカードです。

しかし、最近は学生でもクレジットカードを持つ人がどんどん増えてきています。

その理由は、

  • 現金払いよりもクレジットカード払いのほうがお得になる
  • クレジットカードがないと利用できないサービスがある
など、カードが必要な場面が増えているからです。

これは、国家が「キャッシュレス化」のためクレジットカードの利用を推奨しているという背景もあります。

そこで気になってくるのが、

学生がクレジットカードを持つ必要はある?

仕事をするようになってから作ればいいんじゃない?

といった、学生のうちにクレジットカードを作る必要性ではないでしょうか。

この記事では、

  • 学生がクレジットカードを持つ必要性
  • 学生がカードを作るメリット・デメリット
をやさしく解説します。

「クレジットカードを作ろうと思っているけど不安がある…」という方は、この記事を読んてみてくださいね。

学生のうちにクレジットカードを持つ必要性とは?

学生のうちにクレジットカードを持つ必要性には、

  1. ポイントが貯まる
  2. 海外旅行・留学するならクレジットカードは必須
  3. ネット通販にクレジットカードは欠かせない
  4. 定期プランのサービス利用に必須
  5. 支払いを先延ばして「時間」を有効活用できる
  6. クレジットカードは現金を持ち歩くより安全
という6つの理由があります。

それでは、くわしく解説していきましょう。

必要性①:
ポイントが貯まる

クレジットカードのポイント

クレジットカードで支払いをすると、利用金額に応じてポイントとして還元されます。その溜まったポイントはお金として使うことが可能です。

支払う方法をクレジットカードに統一させておけば、ポイントがどんどん溜まっていくるので、使えば使うほど得することができるというわけですね。

でも「そんなにお金は使わないから、メリットをあまり感じないだよね…」という方もいるかと思います。

じつは、クレジットカードは光熱費や公共料金の支払いにも使うことができるのですよ。

なので、一ヶ月間の支払い(公共料金、食費、遊び代…)を全てクレジットカードにまとめて使うようにするとお得です。

たとえば、還元率1%のクレジットカードで1ヶ月10万円の料金を支払うとすると…

(1ポイント=1円の場合)

1ヶ月の利用分 期間 貯まるポイント
10万円 1ヶ月 1000ポイント
1年 12,000ポイント
4年 48,000ポイント

1ヶ月に1000ポイント(1000円)貯まることになります。1年間だと1万2千円分も貯まることになりますね。学生生活の4年間続けたとすると4万8千円分ですよ!

やったことは、買い物を「現金払い」から「クレジットカード払い」に変えただけ。

支払い方法の違いで、こんなに得することができるのが分かりますね。

必要性②:
海外旅行・留学するならクレジットカードは必須!

卒業旅行や語学留学などで海外にいくときは、クレジットカード持っておくべきでしょう。

海外でクレジットカードを持つメリットとして、

  • クレジットカード払いを使う機会が多い
  • 万が一、事故やトラブルが起きても、手堅くサポートしてもらえる

という2点があるからです。

海外ではクレジットカード利用率が高いので、飲食店やホテルなど、多くの店舗で利用することができます。

また、事故やケガをしたりトラブルに遭遇した場合でも、手堅いサポートと海外旅行保険が付いているため、万が一の場合でも対応できるという安心感がありますね。

ライフカードは、利用金額からの5%キャッシュバックや海外旅行保険が付いているので、海外旅行をする学生におすすめのカードです。

このように、海外利用におすすめのクレジットカードを1枚作っておくと良いですね。

必要性③:
ネット通販にクレジットカードは欠かせない

通販のAmazon

学生にとって、ネット通販(ネットショッピング)は生活に欠かせないもの。

そのため、通販の支払いが最もラク&手数料がかからない方法である「クレジットカード払い」は欠かせません。

僕が大学生になってからは、Amazonや楽天、ZOZOTOWNなどの通販をよく使うようになりましたね。

お店で買うよりAmazonで買ったほうがお得ですし、最近では洋服もZOZOTOWNで購入することもかなり増えました。

ネット通販だと、お店で商品を購入するより値段が安いことが多いので、お金を節約したい学生にとっては「通販を利用したい!」と思うのです。

ネット通販でクレジットカードを使うメリットは、

  1. すぐに決済ができるので、商品が最短で届く
  2. 支払い手数料が無料になる

という2点があります。

1. すぐに決済ができるので、商品が最短で届く

クレジットカードを持っていないなら、基本的にコンビニ払いになります。

外に出る支度をする→コンビニへ向かう→コンビニの専用端末を操作する→レジで代金を支払う→決済が完了する

という手間がかかりますよね。

このちょっとした手間に時間をかけると、購入する時間帯によって発送時期が遅れてしまい、商品の到着が遅れることに繋がります。

やっぱり到着は早いほうがいいじゃないですか。

日々通販を利用するとなると、この手間はとてももったいないです。

2. 支払い手数料が無料になる

通販によっては、「代引き」はもちろん「コンビニ払い」でも手数料がかかることがあります。

大学生の僕もよく利用しているフリマアプリ「メルカリ」であれば、コンビニ払いにすると1品につき100円の手数料が発生してしまいます。

メルカリを10回使ったら1000円は手数料…本当にもったいないですよね。

こういう理由があり、ネット通販にはクレジットカードが必要なのです。

必要性④:
定期プランのサービス利用に必須

定額のNetflix

「1ヶ月○○円」というような定額プランのあるサービスを利用するためには、クレジットカードが無ければ契約できないことが多いです。

定額サービスは、1回払いで済むわけではなく、継続して支払ってもらわなければいけません。

そのため、クレジットカードを通すことで確実にお金を払ってもらえるようにしているんですよね。

たとえば、

  • 携帯代を安く抑えるために格安SIM(mineo,LINEモバイル)を契約する
  • 動画見放題のサービス(Amazonプライムビデオ、Netflix…)でドラマや映画、アニメを見る
  • 資格取得のために通信教育(ユーキャン…)を受ける
  • Adobeの定額プランでPhotoshopやIllustratorといった制作ソフトを使う

学生生活を楽しくしたり自分を伸ばしたりするためにも、クレジットカードがあるだけで変わりますよ。

また、楽しむだけではなく節約するためにも、クレジットカードがあったほうが得ができて便利です。

必要性⑤:
支払いを先延ばして「時間」を有効に使える

クレジットカードの引き落としは、1ヶ月後にまとめて請求があります。そのため手元に現金がなくても支払うことができて、支払いを先延ばしにすることができます。

この仕組みは、旅行に行くときに便利だなと感じました。たとえば、旅行を予定するときは最初にみんなの予定が空いている日を合わせる必要があるじゃないですか。

「6月はとくに予定はないけど、5月はどうしてもお金を使う必要があるから行けそうにないな…」という、時間はあるけどお金があまりないという状況もあるかと思います。

そんなときにクレジットカードがあれば、支払いを来月まで伸ばせるので旅行に行くことができるようになるというわけです。

「先延ばし」という単語を見るとあまり良くない印象があるかもしれませんが、これもクレジットカードを使う利点なんですよね。

学生は社会人に比べて時間がたくさんあるので、時間を有効に活用していく1つの手段になります。

必要性⑥:
クレジットカードは現金を持ち歩くより安全

じつは、現金を持ち歩くより、クレジットカードを持ち歩くほうが安全です。

なぜかというと、ほとんどのクレジットカードには盗難保険が付いているため、もしカードを落として無くしてしまったとしても、

  • カードは再発行できる
  • 不正利用されても補償される
  • 電話1本で利用停止できる

など、対応ができるからです。

大金をいれた財布を落として盗まれてしまったら、拾ってくれた方が交番に預けてくれるのを祈るしかありません…

なんとなく「クレジットカードは危ない?」というイメージがあるかもしれませんが、現金よりもよっぽど安全なのです。

学生のうちにクレジットカードを持つメリット

学生がクレジットカードを作るメリットには、

  1. お金の使い方・仕組みが学べる
  2. 学生のうちにクレヒスを積んで、将来を有利に
  3. 保険が付いているから安心して使える

という3つがあります。

それぞれについて解説していきます。

お金の使い方・仕組みが学べる

学生のうちにクレジットカードを使うことで、お金の上手な使い方やお金が流れる仕組みを学ぶことができます。

現金であれば、買い物に使った金額はレシートを残して家計簿に記録し続けないと、これまでにいくら使ったのか分からなくなりますよね。

クレジットカードであれば、スマホアプリから簡単に利用明細を見れるので、自分がどれだけ使ったのかを一瞬で把握することができます。

また、クレジットカードで分割払いなどを利用すると金利が発生するため、

「お金を借りると、金利が発生するんだ…」

「手数料はかからないようにしなきゃ…」

など、お金について考える1つのきっかけ作りにもなります。

学生時代にお金の仕組みについて学んでおけば、これからの将来、様々な場面で役に立つのではないでしょうか。

お金について勉強できるのも、クレジットカードを使うメリットと言えるでしょう。

学生のうちにクレヒスを積んで、将来を有利に働かせる

良いクレジットヒストリー(利用履歴)を積んでおけば、将来を有利に働かせることができます。

クレジットヒストリー(略:クレヒス)とは、カードの支払いをきちんとしているかを記録して残してある履歴のことです。

クレヒスがないと、金融機関はその人の情報がまったく分からないので信用することができません。

良いクレヒスを積んで置くことで、お金をきちんと返している記録が残るので「この人は信用できる!」と判断できるのです。

  • 将来欲しい車を買うときに自動車ローンを組むとき
  • 結婚してマンションを買うために住宅ローンを組むとき

など、ローンを組みたいときには「信用」が重要になってきます。

早めにクレヒスを積んでおけば、将来やりたいことがあったときに有利に行動することができます。

保険が付いているから安心して使える

安心してクレジットカードが使えるように、カード会社によっていくつかの保険が付いています。

盗難保険
クレジットカードを不正に利用されても保証してくれる保険です。最近では通販やカード会社に装って、カードの番号や暗証番号を盗む犯罪も起こっています。もし自分が不正利用で被害にあっても保証してくれるのは安心ですよね。
旅行旅行保険
海外旅行中にケガや病気にかかったとき、治療費を負担してくれる保険です。日本と違って、海外では高額の料金がかかることがあります。そんなもしもの場合にも対応することができるのです。

クレジットカードを持っていたり使ったりするだけで保険が付いてくるのです。

カード会社によって保険の内容が少し違うので、どんな保険が付いているかでクレジットカードを選ぶのも方法の1つです。

学生のうちにクレジットカードを持つデメリット・注意点

学生がクレジットカードを作るデメリット・注意点には、

  1. 使いすぎに注意する
  2. お金を借りているという意識
  3. 支払い方法によって手数料がかかる
  4. 不正利用の可能性(心配の必要なし)

という4つがあります。

ただし、どれも気をつけていれば問題のないものばかりです。

それでは、各項目を解説していきます。

使いすぎに注意する

「手元に現金がなくても買い物ができてしまうから、ついつい使いすぎてしまう…」という方も中にはいます。

いくら使ったのか把握していないと、自分が思った以上にお金を使ってしまう可能性があるので注意が必要ですね。

ただ、逆にいうとクレジットカードを使えば利用履歴はすべてネット上で見ることができます。

スマホにカード会社のアプリを入れて、たまに利用明細を確認するようにクセづけることをしておけばOK。

ちなみに、僕は家計簿アプリを入れているのですが、これがまたとても便利。

最初にクレジットカードや銀行口座などを登録しておけば、カードの利用履歴や引き落とし日、口座残高などがすべて自動で記録してくれます。

お金の管理がカンタンにしっかりできるので、個人的にはすごくおすすめの方法です。

お金を借りているという意識

クレジットカードを使うということは、一時的に「借金をする」ということを理解しておきましょう。

クレジットカードは、1ヶ月分の請求をまとめて後から支払います。そのため、自分がお金を払うまではカード会社が肩代わりしてるのです。

借りたお金をきちんと返せていないと、カード会社は「この人は信用できない」と判断されてしまいます。

そうなると、他会社のクレジットカードが作れなくなったり、ローンが組めなくなったり不利になってしまいます。お金の管理は抜かりなくしておきましょうね。

支払い方法によって手数料がかかる

クレジットカードの支払い方法によって、金利手数料が取られる場合もあるので注意が必要です。

日常的によく使われる1回払いでは手数料はかかりませんが、分割払いやリボ払いを利用すると金利手数料が取られてしまいます。

  • 1回払い:普段よく使う方法
  • 分割払い:2回払いや6回払いなど、数回に分けて支払う方法
  • リボ払い:毎月ある一定金額ずつ支払っていく方法

特に、リボ払いは危険に陥りやすいので、基本的には使わないようにしておくべきでしょう。

リボ払いは金利手数料が高く、なにより毎月決まった金額だけ返せばいいので、「今月はこれだけしか請求がこないから大丈夫…」と勘違いしてしまって、気づけば膨大な借金になってしまう場合もあります。

しっかり注意して使いことができれば、クレジットカードはとっても便利なアイテムです。

不正利用の可能性(知っておけば心配なし)

クレジットカードは、誰かによって不正利用されてしまう可能性はあります。

架空の通販サイトを作ってカード情報を盗んだり、財布を落として盗まれてしまって勝手に使われたりと、悪用する犯罪が実際に起っているからです。

しかし、クレジットカードには盗難保険が付いているので、不正に利用されてもカード会社が補償してくれます。

ただ、カードを他人に貸して不正利用が起こった場合や、カードの裏に自分のサインを書いていなかった場合は保障されないこともあります。

そのため、正しい使い方を知っておく必要がありますね。

クレジットカードの利用履歴は、パソコンやスマホから簡単に見ることができます。

不正利用に気づいたら、カード会社に連絡して対処することを覚えておいてください。

学生向けクレジットカードだから安全に使える

クレジットカードには、学生向けのクレジットカードが存在します。

通常のカード審査に通るためには安定した収入がなければならないので、学生が一般カードを作るのは難しいのです。

そのため、カード会社は学生のために「学生専用クレジットカード」または「学生向けクレジットカード」を提供しています。

学生クレジットカードは、使いすぎないように利用限度額が低く設定されていたり、学生だけのお得な特典が付いたりしているので、安全で便利に使うことができるのです。

クレジットカードを作るときは、学生向けカードに申し込みましょう。

学生のうちにクレジットカードを持つ必要性・メリット・デメリットまとめ

この記事では、学生のうちにクレジットカードを持つ必要性とは?メリット・デメリット・注意点をやさしく解説しました。

きちんとカードを使うことができれば、学生生活がもっと便利で楽しいものになります。

ほかにも、クレヒスを積むことができて、お金の勉強もできるため、将来のためにもなりますよ。

「学生専用クレジットカード」なら、お得に安心して使うことができますね。

このサイトでは、初めてにピッタリのクレジットカードもご紹介しています。

以下の記事ではクレジットカードの申し込み方を1つずつ分かりやすく説明しているので、参考にしてみてください。